2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乞食坊主(チンナワンソ和尚)との邂逅

今日、お昼に仕事を抜け出して、タイから帰国してまもないマイミクさんであるチンナワンソ和尚(http://www.omoroibouzu.com/)と会食した。 若い頃は、京都の地上げ屋で「酒と女」遊びに興じ、長じて上座部仏教のタイでわざわざ出家したというその辺りの坊主とは一線を画す経歴を持つ、藤川和尚とはどんな人物だろうという単純な興味があった。

和尚に頂いた名刺には「比丘」と書いてある。坊主でも僧侶でもなく比丘であるとはどうゆうことか?和尚は「それは一介の乞食である」と言った。実際、和尚は乞食のように托鉢して街を歩いて、日々、飢えをしのいでいるらしい。 タイ式の坊主衣装を身につけている還暦を過ぎた老人と、顎髭を蓄えたあやしい三十路男のサシの邂逅は、新宿ルミネにある雰囲気の似つかわしくない、お洒落な今時のダイニング・バーで行われた。 和尚は、坊主でありながら、宗教が嫌いとのこと。色々な宗教があるけど、仏教はどうなんですか?と聞いたところ、仏教もどちらかというと嫌いな方だという。

変な坊主である。

彼は、”人間としての仏陀”っちゅう男に惚れたそうである。だから、仏陀の生き方を真似、その生き様を身を以て実践しているそうである。仏陀の死に様とは”乞食”そのものだという。変なモノを食って、腹をこわし、血便を出しながら、故郷への帰路で入滅したという仏陀という男に、男として惚れたっちゅうことである。 だから、知識ばかり多く、自ら托鉢もしたことがない癖に、どこぞの大学の教授のように、愚にもつかない説教ばかりを垂れる日本の葬式仏教を痛烈に批判する。檀家制度に依存し、内側からの革新勢力を排除しようとする仏教界そのものも痛烈に批判し、実際、その手の会合では、自らが批判の矢面にたつそうだ。 日本の坊主は、誰一人、仏陀の生き方を模倣していない。何も学びとっていない。日本の大学における仏教教育は世界一だ。その知識量は世界一だ。 だから、それが何だ? 「おまえらは仏陀から何を学んでいる?」「仏陀とは己の信念に殉じた要は一乞食である」「お前らがそれの何を実践している?」と往年の仏陀の面影そのままの乞食姿で演説をぶつそうである。ほとんどの日本の僧侶は二の句も出ないという。

和尚のリアルな話を黙って聞いていたが、阿呆な私は思わず、「和尚、宗教改革だぜ。  腐った日本の宗教界、ぶっ壊してやりましょうよ!」とまた、自らを古のルター・カルヴァン、いやはやマホメットか?に勘違いしたが如く、のたまわったところ、和尚も思わず飲んだ水を戻しそうになった処を、私は見逃さなかった・・・^^:

日本の宗教界は、実は”空虚”そのものである。であるから、変なカルトがはびこる。和尚は、親鸞や日蓮等、変革期に現れた日本の宗教家は、世界的にみても偉大な哲人であると力説する。世界を席巻したマルクスやレーニン、ニーチェやサルトルにも負けない思想家であるという。特に仏陀の死に様そのものを体現したという親鸞を評価されていた。 おしむらくは、彼等の名声が高まるにつれ、彼等は偶像化され、その教えのsinの意味が伝わっていないことだという。和尚は、彼等を”崇拝としての信仰の対象”ではなく、”一人の人間として座にまで引きずり下ろせ”とのたまう。坊主らしくない。要は、”賢者・聖人とても一個の人間に過ぎぬ。一人間として、正当に彼等を評価し、正当に彼等を尊敬せよ”と申すのである。 天上天下唯我独尊 は 天は人の上に人を創らず と同意かも知れぬと感じた。

そして、和尚にとって、理想的なのは、こういったお洒落な空間においても”老荘青”が、人としての連なり、思想なりが自由闊達に語られ、共に社会を創っていくであろう氣風があるべきことを願っておられた。 そして、 和尚も”相対の時間軸で”世界を洞察される慧眼を持っていた。。。 と、一時間強もありがたいお話を比丘である和尚にしていただいたので、ランチ代+お釣りを乞食としての和尚におごってあげた。そして今日の邂逅を日記に記録しておくことを約して、今回は別れた。。。

☆和尚は乞食坊主にも関わらず大忙しで、帰国してまもないが、早々に米国に発って”何か?”をなさるそうである。当面は日本の新宿近辺を拠点にして活動されているので、ご関心のある方はコンタクトされればいいと思う。関連コミュニティー(支部が11個もある!)もmixiにたくさんあり、乞食坊主であるがゆえに、mixiはお布施をいただく格好のToolになっているそうである。

今時の坊主でもある。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://berzerkeley.blog70.fc2.com/tb.php/7-e0cab15b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

辻勝

Author:辻勝
社会起業家(Sociel Entrepreneur)、教育コンサルタントとして、様々なプロジェクトに絡んでいます。多角的で偏見のない視点で新たな社会創造、文化創造に取り組んでいます。建前よりも本音で勝負。本質を見極める親身で等身大のカウンセリング、コンサルテーションを信条としています。
(お問い合わせ:masaru.tsuji@gmail.com
または
skype: mr.berzerkeley
までお願いします。
お気軽に!!! )。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

♪BGM

©Plug-in by PRSU

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。